2013年4月 7日 (日)

ムクナ豆の副作用について

色んなことに効果抜群のムクナ豆。

でも、副作用とかないのかな?

【ムクナ豆(八升豆)】は大豆やソラマメと同じマメ科で
豆の主成分自体は副作用は特にありません

ただ、L-ドーパ量がほかの食べ物より多いため、
L‐ドーパ製剤との併用や食べ過ぎには注意が必要。

効果が出すぎて不随意運動、幻覚、
低血圧等の症状がまれに起り得ます。

なので、薬と併用する場合は医師に相談してみてください。

通常、豆タイプは一回3~5粒
パウダータイプなら3g程度から始めて
1日3回から始めてみてください。

その後ご自身の体調に合わせて量を減らしたり増やしたり、
摂取タイミングを変えたりしてみて下さいね。

劇的に効く人では、食べて30分で効果が現れる人も。

車イスから歩けるようになったり、
血圧がガクンと下がったという人もいます。

尚、ムクナは葉や茎、生豆を食べると体調を崩します。

たっぷく本舗のムクナ豆(八升豆)は焙煎加工済なので、
その点もオススメですよ!

flairムクナ豆をおいしく毎日続ける方法

豆丸ごとパッキングされた「善粒」

豆の風味を生かして好みの味付で煮豆にしたり、
水に浸して柔らかくしてからさっと煮て食べると
自然な甘みと香ばしさを味わえます。

焙煎加工しているので、そのままでも召し上がれます。

ただ、非常に硬いので
消化不良や歯を痛める危険があります。

餅を食べる感じでお茶やお湯を口に含ませていると
だんだん柔らかくなるのでゆっくりとお召し上がり下さい。

パウダー状の黄金散は、ふりかけにしたり、
料理に混ぜたり、スープに混ぜたり、食べ方は無限大!

お餅に混ぜて黄粉餅風もオススメ。

サラサラ混ぜるだけなのでとっても簡単です。

粉そのままを水で飲む事も出来ますよ。

話題の【ムクナ豆(八升豆)】
早速始めてみたい方はこちら↓をクリック!

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
公式サイトはコチラから!






2013年4月 5日 (金)

ムクナ豆の通販情報

早速試してみたい、
噂の【ムクナ豆(八升豆)】

そんな方にピッタリのお試し品が有るんです!

数日分を新鮮パッキングしました。

たっぷく豆 黄金散(50g入)2600円(税込)
「美味しい食べ方」レシピと粉用計量スプーンのおまけ付きです。

黄粉状だから食べやすい、続けやすいと評判です!

たっぷく本舗の【ムクナ豆(八升豆)】は2種類。
お豆の風味そのままの善粒とパウダー状にした黄金散。
どちらもこだわりの【ムクナ豆(八升豆)】100%!

たっぷく豆 黄金散(250g入)
9800円(税込) 送料無料

たっぷく豆 善粒(250g入)
8900円(税込) 送料無料

たっぷく本舗の【ムクナ豆(八升豆)】は
全品送料無料なのもオススメポイントです!

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
販売ショップはコチラです!





2013年4月 3日 (水)

たっぷく本舗のこだわりのムクナ豆

大注目の【ムクナ豆(八升豆)】
でもどこで買えるの?どんなのが良いの?

【ムクナ豆(八升豆)】の専門通販があるんです!

それがたっぷく本舗

たっぷく本舗の【ムクナ豆(八升豆)】は
こだわりが違うんです!

まず、【ムクナ豆(八升豆)】の
最適な産地を求めて採用されたのが地球の裏側ブラジル!

熱帯性食物の【ムクナ豆(八升豆)】は
やっぱり灼熱の気候と豊かな雨に恵まれた大地が
ピッタリだった様ですね。

ブラジルの契約農家さんとは
いつでも連絡が取れるシステムになっており、
細かな生育状況も確かめることが出来ます。

そして、収穫後は食品検査センター併設の加工工場へ。

収穫から加工まで一貫しているから、
安心、安全なんですね。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
詳しい内容はコチラから!





2013年4月 1日 (月)

【ムクナ豆(八升豆)】のL-ドーパの秘密に迫る

【ムクナ豆(八升豆)】のL-ドーパは、
ドパーミンの素となる物質。

ムクナ豆(八升豆)を食べると腸で吸収され、
体内でドパーミンになります。

ドパーミンは、別名神経伝物質と言われ、
脳の指令を筋肉に伝えます

心や身体の力の素になる重要な物質なんですね。

ドパーミンは疲れやすい人にもオススメ。

実際定期的に【ムクナ豆(八升豆)】を
食べる事で疲労回復しやすくなったという方もいるんです。

ムクナのドパーミンが雑草を排除してくれる効果も認められており、
農業でも活用されているんですよ。

トウモロコシ等イネ科の植物は排除せず、
雑草だけを排除してくれるので、
収穫量が上がると言われています。

さらにドパーミンは

身体の動きを良くしたりする効果があるので、
スポーツ選手の滋養強壮
天然のドーピングの代わりにも使用できます。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
秘密がわかるサイトはココ!





2013年3月30日 (土)

【ムクナ豆(八升豆)】体験者の生の声

【ムクナ豆(八升豆)】
感動体験を集めてみました!

heart━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パーキンソン病とは原因が異なりますが、
ドパーミン値が不足する事により体が動かなくなる瀬川病。
L-ドーパ製剤の副作用が嫌で薬を使うのを止めたため、
車椅子で生活するようになってしまいました。
そんな中、ムクナ豆について聞いたので、
藁をもすがる思いで手に入れました。

半年間自分に合った食べ方を模索し、
結果的に車椅子不要の生活に戻ることが出来ました
毎日45g程度粉末で摂取するのが
自分には一番合っているようで、
以来10年間は車椅子を使っていません

heart━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分でボタンもかけられなかったのに、
【ムクナ豆(八升豆)】を食べ始めてから
難なく細かい作業も出来るようになりました

heart━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寝る前に少量食べると寝つきが良く、
朝の散歩の前に食べると散歩後も疲れにくいです。


自分に合った食べ方を探すのが重要みたいですね。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】を
手に入れるならコチラです♪





2013年3月28日 (木)

【ムクナ豆(八升豆)】はこんな豆です

いろんな分野で効果抜群の
奇跡の【ムクナ豆(八升豆)】

マメ科の植物で、日本でも江戸時代まで栽培されていたとか。

しかし、元来熱帯の植物で温帯の日本では栽培が難しく、
豆が非常に固く調理しにくかった点から
日本では徐々に作られなくなった様です。

【ムクナ豆(八升豆)】の最大の特徴は
L-ドーパを抜群に多く含んでいること。

その他、脂質、ミネラル、タンパク質、炭水化物、
そして、9種類の必須アミノ酸
バランスよくかつ豊富に含んでいるのが特徴

古代インドのアーユルベーダ医療でも用いられていたというから、
その歴史はとても長いんです。

さやがビロード状な事から
英語ではベルベットビーンとも呼ばれています。

濃い紫や白の花もとっても可愛いんですよ。

さらに、持続可能な農業の点からも注目されており、
ムクナのL-ドーパが土壌中で素早く分解され、
その後の作物にも影響しないので緑肥としても使われています。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
詳しい情報はコチラ!





2013年3月26日 (火)

ムクナ豆はこんな方に是非オススメします

【ムクナ豆(八升豆)】ってご存知ですか?
いろんな病気、若返りに効くと話題
ミラクルビーンなんです。

【ムクナ豆(八升豆)】は
豆のなかでもL-ドーパを多く含んでいるのが特徴。

以下の症状にお悩みの方にオススメします。

パーキンソン病、瀬川病の諸症状緩和、
元気がない、やる気が出ない、
ストレスを溜めやすい、うつ病の方にも効果有り

加齢により手足が冷える、身体に力が入らない方
細かい作業が苦手になった、身体がこわばる、

疲れやすい、何となく寝つきが悪い、だるい方、

【ムクナ豆(八升豆)】はスポーツ選手の筋肉強化や、
天然のドーピングの様な効果も有ります!

さらに、ムクナのL-ドーパが雑草を排除する効果もあり、
かつトウモロコシ等イネ科植物は排除しない事から、
農薬を使わずにトウモロコシの収穫を増やせると
農業分野でも注目されているんです!

⇒【ムクナ豆(八升豆)】はコチラから!