トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

【ムクナ豆(八升豆)】体験者の生の声

【ムクナ豆(八升豆)】
感動体験を集めてみました!

heart━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パーキンソン病とは原因が異なりますが、
ドパーミン値が不足する事により体が動かなくなる瀬川病。
L-ドーパ製剤の副作用が嫌で薬を使うのを止めたため、
車椅子で生活するようになってしまいました。
そんな中、ムクナ豆について聞いたので、
藁をもすがる思いで手に入れました。

半年間自分に合った食べ方を模索し、
結果的に車椅子不要の生活に戻ることが出来ました
毎日45g程度粉末で摂取するのが
自分には一番合っているようで、
以来10年間は車椅子を使っていません

heart━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分でボタンもかけられなかったのに、
【ムクナ豆(八升豆)】を食べ始めてから
難なく細かい作業も出来るようになりました

heart━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寝る前に少量食べると寝つきが良く、
朝の散歩の前に食べると散歩後も疲れにくいです。


自分に合った食べ方を探すのが重要みたいですね。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】を
手に入れるならコチラです♪





2013年3月28日 (木)

【ムクナ豆(八升豆)】はこんな豆です

いろんな分野で効果抜群の
奇跡の【ムクナ豆(八升豆)】

マメ科の植物で、日本でも江戸時代まで栽培されていたとか。

しかし、元来熱帯の植物で温帯の日本では栽培が難しく、
豆が非常に固く調理しにくかった点から
日本では徐々に作られなくなった様です。

【ムクナ豆(八升豆)】の最大の特徴は
L-ドーパを抜群に多く含んでいること。

その他、脂質、ミネラル、タンパク質、炭水化物、
そして、9種類の必須アミノ酸
バランスよくかつ豊富に含んでいるのが特徴

古代インドのアーユルベーダ医療でも用いられていたというから、
その歴史はとても長いんです。

さやがビロード状な事から
英語ではベルベットビーンとも呼ばれています。

濃い紫や白の花もとっても可愛いんですよ。

さらに、持続可能な農業の点からも注目されており、
ムクナのL-ドーパが土壌中で素早く分解され、
その後の作物にも影響しないので緑肥としても使われています。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
詳しい情報はコチラ!





2013年3月26日 (火)

ムクナ豆はこんな方に是非オススメします

【ムクナ豆(八升豆)】ってご存知ですか?
いろんな病気、若返りに効くと話題
ミラクルビーンなんです。

【ムクナ豆(八升豆)】は
豆のなかでもL-ドーパを多く含んでいるのが特徴。

以下の症状にお悩みの方にオススメします。

パーキンソン病、瀬川病の諸症状緩和、
元気がない、やる気が出ない、
ストレスを溜めやすい、うつ病の方にも効果有り

加齢により手足が冷える、身体に力が入らない方
細かい作業が苦手になった、身体がこわばる、

疲れやすい、何となく寝つきが悪い、だるい方、

【ムクナ豆(八升豆)】はスポーツ選手の筋肉強化や、
天然のドーピングの様な効果も有ります!

さらに、ムクナのL-ドーパが雑草を排除する効果もあり、
かつトウモロコシ等イネ科植物は排除しない事から、
農薬を使わずにトウモロコシの収穫を増やせると
農業分野でも注目されているんです!

⇒【ムクナ豆(八升豆)】はコチラから!





トップページ | 2013年4月 »