ムクナ豆の特徴

2013年4月 3日 (水)

たっぷく本舗のこだわりのムクナ豆

大注目の【ムクナ豆(八升豆)】
でもどこで買えるの?どんなのが良いの?

【ムクナ豆(八升豆)】の専門通販があるんです!

それがたっぷく本舗

たっぷく本舗の【ムクナ豆(八升豆)】は
こだわりが違うんです!

まず、【ムクナ豆(八升豆)】の
最適な産地を求めて採用されたのが地球の裏側ブラジル!

熱帯性食物の【ムクナ豆(八升豆)】は
やっぱり灼熱の気候と豊かな雨に恵まれた大地が
ピッタリだった様ですね。

ブラジルの契約農家さんとは
いつでも連絡が取れるシステムになっており、
細かな生育状況も確かめることが出来ます。

そして、収穫後は食品検査センター併設の加工工場へ。

収穫から加工まで一貫しているから、
安心、安全なんですね。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
詳しい内容はコチラから!





2013年3月28日 (木)

【ムクナ豆(八升豆)】はこんな豆です

いろんな分野で効果抜群の
奇跡の【ムクナ豆(八升豆)】

マメ科の植物で、日本でも江戸時代まで栽培されていたとか。

しかし、元来熱帯の植物で温帯の日本では栽培が難しく、
豆が非常に固く調理しにくかった点から
日本では徐々に作られなくなった様です。

【ムクナ豆(八升豆)】の最大の特徴は
L-ドーパを抜群に多く含んでいること。

その他、脂質、ミネラル、タンパク質、炭水化物、
そして、9種類の必須アミノ酸
バランスよくかつ豊富に含んでいるのが特徴

古代インドのアーユルベーダ医療でも用いられていたというから、
その歴史はとても長いんです。

さやがビロード状な事から
英語ではベルベットビーンとも呼ばれています。

濃い紫や白の花もとっても可愛いんですよ。

さらに、持続可能な農業の点からも注目されており、
ムクナのL-ドーパが土壌中で素早く分解され、
その後の作物にも影響しないので緑肥としても使われています。

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
詳しい情報はコチラ!