ムクナ豆の効果・効能

2013年4月 7日 (日)

ムクナ豆の副作用について

色んなことに効果抜群のムクナ豆。

でも、副作用とかないのかな?

【ムクナ豆(八升豆)】は大豆やソラマメと同じマメ科で
豆の主成分自体は副作用は特にありません

ただ、L-ドーパ量がほかの食べ物より多いため、
L‐ドーパ製剤との併用や食べ過ぎには注意が必要。

効果が出すぎて不随意運動、幻覚、
低血圧等の症状がまれに起り得ます。

なので、薬と併用する場合は医師に相談してみてください。

通常、豆タイプは一回3~5粒
パウダータイプなら3g程度から始めて
1日3回から始めてみてください。

その後ご自身の体調に合わせて量を減らしたり増やしたり、
摂取タイミングを変えたりしてみて下さいね。

劇的に効く人では、食べて30分で効果が現れる人も。

車イスから歩けるようになったり、
血圧がガクンと下がったという人もいます。

尚、ムクナは葉や茎、生豆を食べると体調を崩します。

たっぷく本舗のムクナ豆(八升豆)は焙煎加工済なので、
その点もオススメですよ!

flairムクナ豆をおいしく毎日続ける方法

豆丸ごとパッキングされた「善粒」

豆の風味を生かして好みの味付で煮豆にしたり、
水に浸して柔らかくしてからさっと煮て食べると
自然な甘みと香ばしさを味わえます。

焙煎加工しているので、そのままでも召し上がれます。

ただ、非常に硬いので
消化不良や歯を痛める危険があります。

餅を食べる感じでお茶やお湯を口に含ませていると
だんだん柔らかくなるのでゆっくりとお召し上がり下さい。

パウダー状の黄金散は、ふりかけにしたり、
料理に混ぜたり、スープに混ぜたり、食べ方は無限大!

お餅に混ぜて黄粉餅風もオススメ。

サラサラ混ぜるだけなのでとっても簡単です。

粉そのままを水で飲む事も出来ますよ。

話題の【ムクナ豆(八升豆)】
早速始めてみたい方はこちら↓をクリック!

⇒【ムクナ豆(八升豆)】の
公式サイトはコチラから!